Saturday, December 31, 2016

鈴木史朗氏:「南京大虐殺は真実ではないと思う理由」伝えてほしい歴史の真実。なでしこりんベスト10

中国共産党による「歴史の作り変え」を絶対に許しちゃダメ!
 ナチスドイツは欧州全土。日本軍は南京だけっておかしいでしょ!

.....なでしこりんです。やっぱり見てます「紅白歌合戦」ww  まあ今年一年の芸能界の動きを知るにはいいかなと。それにしてもジャーニーズのメンバーがみんな「おっさん」になっていたのには驚き桃ノ木山椒の木。そら誰もが年をとります。でも人とともに歴史が忘れられていくのは残念ことですね。

.....もう 時間がないので「なでしこりんベスト10」は無理ですが、もしお時間があれば過去のブログものぞいて見てください。私はホームランは狙わずに「毎日出場」だけを目標にブログを書いてきました。そのせいか「似た内容が多い」かもしれませんが、皆様がブログを書かれる際の材料にでもしていただければ幸いです。



.....5月の記事 の中ではこの記事が特に大切だと思っています。それにしても「南京大虐殺」という宣伝をやっていて中国人は恥ずかしくないのでしょうか? ヨーロッパに行けば「WWⅡの戦跡」はすぐに見つけられます。それこそヨーロッパの至る所に「ナチスドイツの強制収容所跡」や「ナチスによって虐殺された村」などがそのままの形で保存されています。ドイツ人が「俺たちは虐殺していない」なんてことが言えないほどの証拠が至る所にあるのです。



.....では 「日本軍の蛮行」と呼ばれる場所はあるのか? 「南京大虐殺」は南京。南京の近くには上海がありますが「上海大虐殺」はないのでしょうか? 香港は? 北京は? 大連は? 中国のプロパガンダに登場するのは南京だけ? もうこの点で「おかしい」と思わない方がおかしい。ちなみに中国共産党のボスの一人の江沢民の実父・江世俊は南京にあった汪兆銘政府に雇われていた日本軍の特務工作員。江沢民だって南京中央大学日本語学科の学生ですからね。「南京大虐殺」があったというのなら江沢民は何をしていたのか?



.....鈴木史郎さん のように当時を知る人が「本当の歴史」を語り継ごうとされることは立派なことだと思います。私たち日本人は「南京大虐殺はなかった」ときちんと子供たちに伝えていきましょう。歴史の史実は声の大きさで決まるものではないはずです。 By なでしこりん



.....鈴木史朗氏 【南京大虐殺は真実ではないと思う理由】

〈もう一度南京へ〉

TBSのバラエティ番組『からくりテレビ』の名物コーナーで、私が司会を務めていた「ご長寿早押しクイズ」。毎週数名のご長寿の方にご登場いただき、クイズに答えていただく人気コーナーでしたが、今から十一、二年前、南京戦に参加されていたという会津若松の方にお会いしたことがありました。

撮影の合間に南京の話になり、私が「あそこは大変なことがあったから、もう南京には行けませんね」と声をかけると、その方が「いや、私は死ぬまでにもう一度南京へ行きたいんであります」とおっしゃった。私は驚いて、「どうしてですか」 と聞いたところ、こんな話をして下さいました。

「衛生兵として南京で日本兵を助けたが、怪我をした中国の敗残兵も助けた。軍のトラックで送ってやったら中国人の家族が非常に感謝して、家宝の掛け軸をくれたんです。さらに『戦争が終わったら、ぜひもう一度南京へ来てほしい。歓待したい。一日千秋(いちじつせんしゅう)の思いで待っている』とまで言われたんです。だから、私は死ぬまでにもう一度南京に行きたい」

このことでハッと思い出したのは、私自身が幼いころ、南京戦直後に中国にわたり、天津で過ごした日々のことでした。それは、「大虐殺」があったなどとは到底考えられないほど、大変のどかな日々だったのです。

この方にはその後、もう一度お会いする機会があったので、「南京大虐殺」の証拠写真とされている、松葉杖をついた片足の中国兵と、笑顔の日本兵が並んで移っている写真を持って行ったんです。キャプションには、「残虐な日本兵によって、逃げられないように片足を斬り落とされた中国兵」と書かれていました。

ところが、この写真を見せたところ、南京戦に参加されたその方がとても喜んだんです。「この兵隊のことは良く覚えていますよ。アルマイトがなかったので、ヤカンをつぶして義足を作ってやったんです。いやー、よかった。この写真、いただいてもいいですか」

  他にも、実際に参戦された方々からさまざまなエピソードやをお話しいただきました。「たしかに、南京戦で相手の兵士を殺した。だが、それはあくまでも中国の兵士であって、日本兵も戦死しています」、「トーチカから撃ってくる兵士を仕留めて近づくと、機関銃手はまだあどけない顔の若者で、鎖でつながれていた。武士の情で彼らの墓を作ってやりました」。

「南京戦後、中国人から『兵隊さんありがとう。あなたの靴を磨かせてください』と言われて、泥だらけだからと断ったのだが、どうしてもといわれたので磨いてもらった。気持ちが嬉しくて、飴玉をあげました」。

そして、少しずつ勉強する時間が取れるようになり、勉強しはじめてみると、東中野修道氏や北村稔氏、また『WiLL』に連載されている西尾幹二氏ら「現代史研究会」の研究成果が自分の体験と重なって、歴史を学べば学ぶほど、また中国での日々を思い出せば思い出すほど、「大虐殺なんてあり得ない」という確信を得るにいたったのです。

〈天津での日々〉

私は、一九三八年(昭和十三)年二月十日に京都で生まれました。直後に、父が「大陸で一旗挙げたい」といって、それまで勤めていた有名な生命保険会社を辞めて単身、大陸へわたったのです。残された母は、私が一歳になるのを待って、一九三九年四月頃までには大陸へわたりました。南京戦が行われたのが一九三七年十二月のことですから、その一年半後には、もう私の母は女一人、子供を抱いて中国にわたっていたことになります。



そして、天津の日本人租界での暮らしが始まりました。元々フランス人租界だったところを日本人租界にしたそのあたりは非常にのどかで、その様子が伺える当時の写真も数枚残っています。引き揚げの時に持ち出しを禁止されたので、写真はかぎられたものしか残っていませんが、一枚目(上)は天津市淡路街という日本人租界の民団住宅前で撮影したものです。私と二人の妹と、近所の中国人の子が一緒に写っています。中国人の子の母親が非常に良くしてくれて、妹たちにおそろいの中国服を作ってくれました。

もう一枚(下)は天津市須磨街の自宅付近で撮ったもの。近所の中国人の楊車(輪タク)夫が楊車に私たちを乗せて遊ばせてくれている光景です。背景も写っていますが、近所の中国人もよく日本人租界へやってきて、「日本人街の水道はきちんと整備されているから」などといって、水道の水などをもらって帰っていました。

「天明公社」という貿易と軍需関係の合弁会社を設立した父の事業もうまくいっていて、わが家は結構裕福な暮らしをしていました。父が行き倒れになった中国人夫婦を助けて、自宅のガレージの一角に部屋を作って住まわせていたこともありました。その夫婦は恩義に感じてくれたのか、三人の子供にそれぞれ「小一」「小二」「小三」と日本風の名前を付けていて、私と同じ歳だった「小二」とはよく遊んだ思い出があります。

当時の天津は本当に安全で、私は子供の足で歩いて二十分ほどの幼稚園まで、毎日一人で通っていたほどでした。道すがらの中国人が私に対して何かを言ってきたり、身の危険を感じるうようなこともありませんでした。虐殺などが本当に起こっていたとすれば、日本人に対して何らかの罵声が浴びせられたり、少なくとも親から「一人で出歩いては危ない」などと言われたはずですが、そのようなことはありませんでした。

それどころか、中国人に助けてもらったこともあります。家の近くを運河が流れていたのですが、土手でかけっこをして遊んでいて、川に落ちてしまった。溺れていたところを中国人の船頭さんが助けてくれて、自宅まで連れて帰ってくれたのです。川の水を飲んで赤痢(せきり)にはなってしまいましたが。

たまに町で日本兵を見かけることもありましたが、中国人の友達も「カッコイイね。僕も将来はあんな兵隊さんになりたい」ということを言っていたくらいで、規律正しい日本兵の姿には、中国人も日本人も、ある種の敬意と畏(おそ)れを持っていたようです。天津には七年間住んでおり、子供ながらにシンガポール陥落など戦況についてよく話していましたが、「南京大虐殺」については一度も聞いたことがありませんでした。

〈中国人女性にモテた父〉

  父の会社の本社や事務所があった北京にも時々行きました。王府井(ワンフーチン)界隈の大通りに面したところに事務所がありましたが、当時の北京は賑やかで華やかで、やはり穏やかでした。太ももまでスリットの入ったチャイナ服の中国人の女性が自転車で走り去るのを見て、子供心に「すごいお姉さんだなあ」と思っていた記憶があります。

父は、とにかく北京では中国人女性にモテてモテて、母はとても苦労していたようです。父は俳優の上原謙のような男前でしたし、明治の男ですから仕方がないとはいえ、恋愛結婚で一緒になって、大陸まで父を追いかけた母にとってはたまらなかったでしょう。

ただ、もし本当に南京で日本人が民間人の大虐殺を行い、女性を強姦していたとしたら、中国人女性が日本人男性である父にそれほどまでにほれ込んだりはしなかったでしょうし、中国人同士の間でも「日本人なんかに熱を上げて」と非難されたはずです。しかし、そのようなことは全くなかったばかりか、父は中国人のためにも一所懸命働きましたので、老若男女問わず、中国人からは非常に尊敬されていたのです。

〈南京ののどかな光景〉

胡同(フートン)にある本社の隣には、北京の警察署がありました。父と署長は仲が良く、どこかへ一緒に列車で出かけたこともありました。署長さんはお金持ちだったからか、一号さんと二号さんを隣りに乗せていて、どちらもとても素敵な女性でしたが、口紅ばかり塗っていて子供の私には目もくれず、冷たくあしらっていました。「可愛がってくれないんだなあ」と思ったのを覚えています。

しかし、そう感じたということは、逆に言えばそれ以外の中国人の大人たちは、日本人である子供の私を非常に可愛がってくれていたということでしょう。 三、四歳の頃には南京へも行っているんです。まだ記憶はおぼつかない頃ですが、親父に後から聞いた話は覚えています。

「お前を南京に連れて行った時、泣かずに頑張った。南京のある中国人が、そんなお前の態度を見てとても気に入ってほめてくれたんだ。しかも、『耳の形がいい。こういう人物と付き合うと、自分の運気も上がるから、是非抱かせてくれ』といって抱き上げてくれたんだよ」

また、父は南京で聞いた話をもとに、よくこんなことを言っていました。「聞いたところによると、日本の兵隊さんが食糧を分けてくれたので、南京の人々は助かったんだそうだ。お前もいい兵隊さんになるためには、強いだけではダメで、思いやりをもたなければいけないよ」

この話は非常に印象的だったのですが、後のこの話に通じる事実があったことを知りました。あのジョン・ラーベも日本軍宛に「私どもは貴下の砲兵隊が安全地区を攻撃されなかったという美挙に対して、また同地区における中国民間人の援護に対する将来の計画につき、貴下と連絡をとり得るようになりましたことに対して感謝の意を表するものであります」との書簡を送っており、報告書でも、日本軍からの米と小麦の配給があったことに触れています。

もし本当に大虐殺が起こっていたとしたら、いくら書簡の挨拶文とはいっても「感謝」など示すはずがありません。

〈命からがら引き揚げ〉

歴史的根拠に関して言えば、二〇〇七年十二月に出版された『WiLL』増刊号「『南京大虐殺』に終止符!」で、映画『南京』が紹介されています。私もこの映画を見ましたが、あの映画ののどかな光景は、まさに私が天津で暮らしていた頃の記憶と重なるのです。とてもじゃないが、「虐殺があった」とは思えない光景が記録されています。

増刊号でチャンネル桜の水島総氏も指摘されているとおり、この映画にはワイドショットが多用されているのですが、報道記者としての経験から言っても、ワイドショットでは不都合なものがあった場合、それが映りこんでしまうので、ドキュメンタリーを撮る場合には普通、あのような撮影はしません。「不都合なものなどない」から、安心してワイドショットで撮影していたのだと分かります。

優しく、子供好きの日本兵、そして日本人と中国人が楽しそうに交流している様子。もし本当に虐殺があったなら、中国の人々も日本兵も、あのような自然な笑顔で交流することなどできなかったはずです。

終戦を迎えると、さすがに中国人は現実的ですから、コロリと態度が変わりました。わが家に住んでいた中国人家族も、「引き揚げるなら財産を全て置いて行け」などと言いだしたほどです。こちらはせめてと思い、財産と引きかえに「持って帰ってはいけないといわれているので、写真を後から日本へ送ってほしい」と撮りためた写真を託したのですが結局、届きませんでした。送ってくれなかったのか、それとも没収されてしまったのかは分かりません。

それどころか、父は貿易と軍需の会社をやっていた関係でスパイ容疑をかけられて逮捕、拘束されてしまいました。一番下の妹は三カ月くらいで出発前に死んでしまいましたし、父が死刑になるかどうかも分からない状況のなか、私と母はとにかく引き揚げなければということで、私は両手に妹を連れて、母は父の荷物まで一緒に背負って塘沽(タンクー)の町まで二週間かけて歩きました。銃撃を受けながら、ろくなものも食べられない状況での過酷な「行軍」だったのです。

幸いなことに、父は共同経営者だった中国人が「鈴木(リンムー)先生は日中のためによくやってくれた。鈴木先生をこのまま殺したら、子々孫々から恨まれる」と一所懸命動いてくれたので刑を免れ、港で合流することができ、何とか一家で日本へ引き揚げてきたのです。

〈テレビ局の「自主規制」〉

命からがら日本へ帰った私は、その後大学へ進学し、TBSに入社しました。仕事が忙しく、その後中国を訪れることもなく、日々の生活に追われて天津での日々を振り返る暇もなかったほどでした。社会部で仕事をしているなかで、ふと気がついて周りを見渡したときには、「虐殺はなかったんじゃないか」ということすら言えない雰囲気が出来上がっていました。それがテレビ局の「自主規制」なのか、自虐史観を刷り込まれているからなのか、はたまた中国の謀略にかかってしまったからなのかは分かりません。

局にいる間はこのことで揉めたこともありましたが、TBSを卒業してからは「もう何を言ってもいいだろう」ということで、講演などでも自分の経験からのお話をさせていただいてきました。それでも、雑誌やテレビが「私が経験から南京大虐殺などなかったと思う理由」について取り上げてくれたことは一度もありませんでした。

以前、日本テレビ系列の『オジサンズ11』(〇七年十月~〇八年九月まで放映)という番組に出演していた時に、制作プロダクションから「何か番組で取り上げるテーマはありませんか」と聞かれたので、映画『南京』を取り上げてはどうか、と提案したことがありました。

この映画は他の局で放映されたことはないし、これまでの「南京」のイメージが覆(くつがえ)る。南京の真実が伝わるだろうと思ったのです。プロダクションのスタッフが話に乗ってくれて、私は本当に嬉しかったんです。「これで真実が全国に広がるきっかけになる」と思っていたのですが、会議で上の人間から何か言われたのでしょう、有無を言わさず却下されてしまいました。その後はスタッフが私を見る目が変わり、目が合っても顔を背けるようになってしまった。非常に悲しかったですね。

報道に携(たずさ)わる以上、「真実」に近づき、「真実」を伝えることが使命だと分かっているはずです。にもかかわらず、「検証」すらせず、中国のプロパガンダ、「嘘」に加担し続けるというのは、報道人としての風上にも置けません。すでに中国の手が回っているのかもしれませんが、「真実」を伝えることが報道に携わるものとしての、いや人間としての務めではないでしょうか。

〈日中の未来のために〉

「南京大虐殺」のような「嘘」があるかぎり、日中が手に手を取ってやってくことはできません。日本と中国は永遠に隣同士ですから、その関係を悪化させる中国の反日プロパガンダ、反日教育はたださなければなりませんし、このような状況は日本にとっても中国にとっても、「最大の悲劇」としかいいようがありません。

私にとって、中国は「第二の故郷」なのです。その中国の方々が、このような「嘘」を永久に教え込まれ続けるとすれば、本当に悲しいことです。映画『南京』の冒頭には、このような字幕が流れます。「我々の同胞が一つになって闘った数々の光輝ある歴史の中でも南京入場は燦然(さんぜん)たる一頁として世界の歴史に残るだらう。その日の記録としてこの映画を我々の子孫に贈る」。

我々は、どんなに時間をかけても「南京大虐殺は真実ではない」と伝えていかなければならない。それが「我々の子孫」……つまり日本人の未来のためであり、中国人のためでもあるのです。

筆者 鈴木史朗(フリーアナウンサー)
1938年、京都生まれ。62年、早稲田大学法学部卒業後、TBSに入社し、アナウンス部へ配属、その後報道局なども経験。主な出演作品に、TBS『さんまのスーパーからくりTV』、『水戸黄門』(ナレーション)、日本テレビ『オジサンズ11』など。著書に『鈴木史朗の健康道場 ご長寿TVで長寿のコツ』(小学館文庫)。

元自衛隊員の方からのお手紙. 「自衛官が最も欲しているものは・・・」. なでしこりんベスト

平和は誰かから与えられるものではなく自分たちの手で守るもの。
 中国や北朝鮮というチンピラ国家から日本を守れるのは自衛隊だけ。

....なでしこりんです。 昨日、中国軍の関係者が「日本が中国の南シナ海政策に異議を唱えるのならば中国海軍の空母・遼寧を東京湾に派遣するアル~」と言ったという記事がありました。なかなか興味深い発言ですね。これってやくざが一般市民を脅迫する際に「お前の家に若いもんを行かせるぞ!」という恫喝そっくり。ちなみに空母・遼寧の正体はロシアの空母「ヴァリャーグ」のスクラップ。自国で空母を作る能力のない中国軍がいくら日本を恫喝しても「おしっこをちびる」日本人は誰もいませんよ。



....さて そんな中国軍に内通しているのが日本共産党。今年も随分ひどい暴言をまき散らしました。特にひどかったのが共産党の政策委員長・藤野保史による「自衛隊や防衛にかかる費用は人殺し予算」という暴言。藤野には日本国民はもとより与野党からも批判が集まりましたが、藤野は議員辞職はせずに、党の役職のみ辞任。これで反省とは言えるのでしょうか? 日本共産党なんて日本に必要ありませんよね!



.... 今回 は4月24日の「なでしこりん」の記事から。人間にとっての一番の幸福は何なんでしょうか? 私は「平和」だと思います。平和な国家があってこそ、そこに仕事があり、人々の生活があるのです。戦争は決して過去のものではありません。現実に中国という共産党国家は他国への侵略を始めています。その最大の標的がどこの国かは明白ですよね。私は日本の国防に携わっている方たちこそが「日本の平和の礎」だと思っています。

...自衛隊の任務は二次災害の可能性のある危険な任務。
........災害救助の任務に参加されている全ての方に感謝と敬意を!

....なでしこりんです。今日(4/22)のヤフーニュースのトップにこんな短い記事があります。

....自衛隊は22日午後、熊本県南阿蘇村で安否不明者の捜索を再開した。 (時事通信) http://news.yahoo.co.jp/pickup/6198725



....日本人 の多くはお茶の間のテレビで被災地の惨状を見るたびに胸を痛めます。地震によって山が崩れ、家が押しつぶされ、そこに今も埋まっている人がいると思うと、一分一秒でも早く助け出してあげてほしいと願わずにはおられません。



....でも、大切なことは「言うはやすし、おこなうは難し」という当然のことを理解することです。捜索は常に「二次災害」に巻き込まれる危険性があります。あなたには、今にも崩れそうになっている泥のかたまりに分け入る勇気がありますか?あなたが自身が死ぬかも知れない場所に!



....今日は 「なでしこりん」に届いた自衛隊OBの方からのお手紙(メール)をご紹介します。私は、いつ崩れるか分からない泥山に立ち向かっている自衛隊員、警察官、消防隊員のご苦労を思うと、私には「感謝」以外の感情は思い浮かびません。人命救助は危険をともなう作業であり、ご遺体捜索はつらい仕事です。誰もができる仕事ではありません。私はそのことを常に忘れないようにしようと思います。 By なでしこりん

....はじめまして。○○○と申します。元自衛官です。いつもブログを愛読させていただいています。本日のブログを読んで思わず涙が出てしまいました。(被災者の疑問:「そういえば自衛隊員がご飯を食べているのを見たことがない」→衝撃の真実が明らかに!

....自衛官は”ものを言わない”のです。政治的活動も、政治的活動に関与することも自衛隊法で禁止されています。入隊したときから、隊員の発言は、厳しい制約を受けています。長年そういう環境にいるため、発言は、特に部外に対する発言は、当然自己規制的にならざるを得ません。一般の方からの批判や要望に対しては、ほとんど100%受け入れることになるのです。

....東日本では、「こんな状況で自衛隊は赤飯を食べている。非常識ではないか」という一般の方からのクレームがありました。以後、現場で赤飯が支給されることは無くなり、調達も停止されました。トラックの荷台の幌の中で見えないように食事をするのです。何日も缶飯だと口内炎になります。隊員はその予防のため、サプリメント携行するのです。

....いずれにしても、被災者の神経を逆なでしないように最大限の努力をします。また、当時災害派遣の現場に行けない隊員は、罪悪感に苛まれました。国民のために奉仕することが我々の職務なのです。そのために国民の皆様からの税金から給与をいただいているのです。

....このような記事を読むと感謝に耐えません。彼らは、意見を言うこと、意志を表明することはありません。誰かが言ってくれなければ、国民が知ることはないでしょう。ありがとうございます。

....最後に、自衛官が最も欲しているものは何だと思いますか?それは「誇り」です。その裏付けは、もちろん、国民の理解と信頼です。応援しています。



...(○○○の部分はお名前でしたので、当方の判断で○○○に変えました。悪しからずご了解くださいませ。なでしこりん)



ゲス韓国人を絶対に許さない!日本人の墓石を階段に悪用する韓国人!なでしこりんベスト10

たとえ敵同士であっても勇者を称え碑を作ったアメリカ人
 一方、お世話になった日本人の墓を冒涜するゲス民族韓国人!

 ....なでしこりんです。安倍総理がハワイを訪問された際、真珠湾攻撃中に戦死した飯田房太中佐の碑に献花されました。飯田房太中佐は日本海軍の航空母艦「蒼龍」の戦闘機搭乗員。私は決してアメリカ軍人すべてが騎士道精神に満ち溢れた紳士たちとは思いませんが、アメリカ人の中には確かに「勇者は勇者を称える。たとえそれが敵同士であったとしても」と考える人たちがいるのも事実だと思います。



.....実際、飯田房太中佐(戦闘任務時は大尉)の遺骸は米軍の手によって埋葬され、プレートには「PILOT-LIEUTENANT IIDA」と刻まれています。こういう点はアメリカ人の中にある人間性を認めるざるをえません。もちろん、アメリカ軍による広島・長崎の原爆投下、日本の主要都市への空爆による非戦闘員への無差別殺人を認めるつもりは毛頭ありませんが・・・・。

一方、日本政府のお陰で「奴隷解放」をしてもらった朝鮮人には人間性は微塵もないようですね。韓国朝鮮人って本当に人間なんでしょうか? 以下は3月27日の記事です。日本のマスゴミが絶対に伝えない記事だと思います。


日本人の墓石を冒涜する韓国人は絶対に許さないぞ!
.....こんなの同類が日本に何十万もいると思うだけでぞっとする!


.....なでしこりんです本語は世界的に見ても「他人を侮蔑する言葉が少ない」と言われています。それでも今日は「虫唾が走る」とか「反吐が出る」という言葉を使わざるをえません。やっぱり韓国人は最低の連中です。こんな連中を日本に一人もいさせたくない!..
 
  http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/48186768.html

.....この写真 は韓国人がネット上にあげた写真。写真では韓国・釜山の街中で使われている「建材」と説明しています。もちろんこれは「日本人の墓石」ですよね。もう、ほんと、やりきれない。こういう写真を貼って何をしたいのでしょうか? このサイトをやっている韓国人は「日本人の感情」を逆なですることを楽しんでいるのでしょうか?



     ゲス賤民のDNAは奴隷解放してもらっても消えず!

.....絶対に 韓国人を許さない!私にはまったく理解不能です。単純に韓国人がバカで無神経なのか? それとも日本人への憎悪がこういう無礼を正当化させるのか? 韓国人は自分たちの墓石を倒され、人の足で踏まれる階段にされても平気なんでしょうか? あ~嫌だ!死者の魂まで愚弄する韓国人の同類は日本から全員出て行ってほしい。韓国朝鮮人に沁みついた賤しいDNAは死んでも消えないのでしょうね。 By なでしこりん


韓国タレント、TBSから「レコード大賞新人賞」を買う!w なでしこりんベスト10

中国から排除された韓国乞食タレントが日本で物乞いを始めたよ~!
 韓国に関わって会社をつぶしたシャープ!「Kの法則」を忘れちゃダメ!

....なでしこりんです。今やチョンビーエスと揶揄されるTBSの老舗番組「レコード大賞」がとんでもないことになっています。もはやすでに「レコード」という言葉自体を知らない世代が多いというのに、それでも「レコード大賞」やっているということは、そこに「おいしい利権がある」のでしょう。レコード大賞は1億円で買えるそうですね。今回、チョン流(韓流)タレントが買ったのは「新人賞」。これは5000万円ほどでしょうか? 中国に斬られた韓国は「なりふりかまわず」ですね。反日国家のタレントが日本に媚びる姿は本当にみっともないよね。これって韓国じゃ「親日売国奴」認定されるんじゃないの?ww

 

.....2016年2月の記事では「シャープの身売り」が注目を集めました。シャープには優秀な日本人技術者が数多くいましたが、いかんせん経営者がバカすぎました。シャープの経営陣がやったこと。それは韓国サムスンに「半導体」の技術を無償で渡したこと。本当に愚かな連中だと思います。「韓国に関わると不幸になる=Kの法則」を忘れるとこうなる見本がシャープです。以下、2月27日の記事です。




日本企業シャープが台湾の鴻海に事実上買収されることに!
.....サムスンの戦略は売り場から日本企業を完全駆逐することだった!

.....なでしこりんです。ある時期、日本を代表するテレビメーカーであった「シャープ」が台湾の鴻海(ホンハイ)に事実上買収されることになったそうです。戦犯はやはりは「吉永小百合」ですかね?ww 記事は毎日新聞からです。



.....シャープが電子機器受託製造大手、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資を受け入れ、同社傘下で再建を図る方向で最終調整していることが4日分かった。実現すればシャープは鴻海に事実上買収されることになる。同日午前の取締役会で方向性を固めた。午後に高橋興三社長が記者会見して説明する。

.....鴻海はシャープ本体への出資や今後の成長投資のための資金などに総額6000億円超を拠出する提案をしていた。事業売却はせず、「シャープ」ブランドも維持。社員の雇用も確保する方向と見られるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000036-mai-bus_all



シャープの疫病神は吉永小百合だった!

.....私は 吉永小百合という女優を「うまい女優」と思ったことはありませんし、それこそ「サユリスト」と称して彼女をあがめる還暦おじいさんたちの言動さえ、「ステルスマーケーティングとちゃうの?」とさえ思っています。私は吉永小百合の「共産党臭、左翼臭」が苦手です。

.....もちろん、今回のシャープの没落に関して、彼女が仮に1億円とうわさされるCM料金をぼったくっていたとしても、シャープの負債から見れば微々たるものでしかないでしょう。 しかし、あんな「真っ赤な色つき女優」をCMに起用するほど、シャープの経営者はアホだったことはわかります。そういえば、以前、元シャープ副社長の佐々木正がこんなことを言ってました。



.....シャープと韓国サムスンとの関係は長きにわたります。サムスンは商社から始まって、電器産業に進出したが、半導体の>開発で行き詰った。それで、李健熙さん(現会長)がわざわざ訪ねてこられた。1970年ごろのことです。 当時、日韓定期閣僚会議が始まり、両国間で提携の機運が高まっていました。ところが、日本電気の小林(宏治・元会長)は、「韓国は技術を盗んでいく」と警戒感をあらわにしていた。困った李さんが、「何とか小林さんを納得 させてほしい」と。(中略)

.....それ以降、李さんが頼りにしてこられるんです。半導体の開発にしても、「佐々木さん、辞めてこっちへ来ませんか。韓国籍にならんか」とまで言う(笑)。じゃあ、僕がシャープを説得するから、頭を下げて技術を教えてくださいと言ってくれ、と。(中略)

.....そうなると欲が出る。「今度は液晶を教えてくれ」と言ってきた。僕は断った。「依頼心はサムスンを殺す」と。李さんは納得してくれたが、その部下になると、そうはいかない。盗んででもやるんだ。(中略)

.....そのときも、私個人は、「与えられるものはどんどん与えて、感謝してくれればいい」と思っていた。少なくともシャープの味方にはなるだろうとね。ところが、李さんがトップを離れた時期に、サムスンがシャープを相手に特許訴訟を起こしたんです。あれはサムスンが情けなかった。 李さんは、シャープに感謝しとるからね。李さんがトップに復帰した後、直接話をして、和解しました。 http://agora-web.jp/archives/1522600.html



.....これを 美談ととるか愚談と取るかは人それぞれでしょう。もちろんは私は後者ですよ。こんなトップがシャープにいたんじゃ、開発者の努力は報われないし、結局、シャープはアメリカでのテレビのシェアをサムスンに奪われます。サムスンは日本企業をつぶすために値下げを繰り返し、日本企業を売り場から完全排除したんです。

.....今回、シャープは台湾の企業に救われることになりましたが、シャープ生え抜きの経営幹部は生き残れないでしょうね。少なくとも、特許管理を軽視するような経営幹部のいる会社は他社に食われるしか道はありません。台湾の鴻海(ホンハイ)もシャープの技術陣を尊重しても、経営幹部は時期を見て追放するんじゃないかな。



.....日本人 の美徳とされる「お人よし」は世界経済の中では美徳ではなく、ただの欠点でしかないようです。腹をすかしたハイエナのいる場所に、武器も持たずに出歩く人は「お人よし」とは呼べません。シャープをつぶしたのは愚かな経営者でした。日本企業は「シャープの失敗」から教訓を学ぶべきです。 そうでなければハイエナのエサがまた増えるだけです。 「韓国に関わると不幸になる=Kの法則」を忘れてはいけません。 By なでしこりん

#ハッシュタグ  #なでしこりん   #レコード大賞  #iKON  #シャープ  

Friday, December 30, 2016

韓国で行われている慰安婦ねつ造!韓国人はそこまでしてお金が欲しいのか? なでしこりんベスト10

韓国で「日本軍慰安婦」と呼ばれている連中のウソを暴きましょう!
 . こんな連中に10億円もくれてやったと思うと情けなくなりますね!

..なでしこりんです。「韓国で日本軍慰安婦が1名が名乗り出て40名に!」という記事はいかにも「偽証国家・韓国」にふさわしい記事。そりゃ、ウソを付けばお金がもらえるんだから、今後も減ることはないんじゃないかな。こういう点の「韓国人のあさましさ」はすごいですね。 これってやっぱり民族性なんでしょうか? さすが「1000年恨むの国」にふさわしい。



......さて、今日から「2016年なでしこりんベスト10」をお届けします。2016年1月からの記事の中で「いいね」の多かった記事を再掲させていただきます。思えばたくさんの「いいね」をありがとうございました。私の創作意欲は皆さまからの「いいね」がエネルギー源。普段は「お礼の言葉」は書き添えていませんが、心の中ではいつも「ありがとういございます」と唱えています。これからもよろしくお願いいたします。では1月の記事から!


いつまで続く韓国の詐欺「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」
......韓国人を殺したのは韓国軍!韓国人女性を売春婦にしたのも韓国人!


....なでしこりんです
。私は時々「韓国人の90%はキチガイ」と書くことがあります。でもなぜ「韓国人は100%キチガイ」と書かないのかというと韓国人の中にも聡明な人たちがいるから。今日はその聡明な韓国人のお一人「崔碩栄」さんのご紹介。崔さんは日本に留学されて「韓国の嘘」に気付かれたお一人。韓国に帰国された後も精力的に意見発表されています。


   日本軍下士官兵に支給された昭五式夏衣

 崔碩栄@Che_SYoung

ハンギョレ新聞が発行する雑誌の慰安婦記事 (韓国語)
「私の前で日本軍はジッパーを下すだけだった」

http://1boon.kakao.com/h21/contempt

すごい刺激的な記事だが、 私の疑問は→日本軍服にジッパーあったの?
https://twitter.com/Che_SYoung/status/688177424060698629


http://www.amazon.co.jp/
韓国人が書いた-韓国が「反日国家」である本当の理由-崔-碩栄

......崔さん、お見事!ww   私が時々引用する下の資料も崔さんの著書『韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由』からの引用なんですよ。いつも使わせていただきありがとうございます。

韓国主要紙で ある東亜日報記事データベースに、「慰安婦」で検索してみた結果資料
年度 日本軍慰安婦記事数.......米軍・国連軍慰安婦記事数
1951-55 ..........1件.........................17件 (朝鮮戦争)
1956-60 ..........0件.........................36件
1961-65 ..........0件.........................56件 (日韓条約賠償交渉/反日デモ多発)
1966-70 ..........1件.........................118件
1971-75 ..........5件.........................39件 (千田夏光が「従軍慰安婦」造語)
1976-80 ..........0件.........................20件
1981-85 ..........4件.........................9件 (83年吉田清治捏造本出版)
1986-90 ..........5件.........................8件 (89年吉田捏造本韓国語で出版)
1991-95 ..........616件★...............3件 ...(91年植村隆・朝日新聞慰安婦捏造記事)

*「崔碩栄著「『韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由』」より引用)

......私も含め、韓国の日本侮辱と戦う日本人はもっと「理詰め」で戦う必要があります。もちろん、韓国向けへの理詰めではなく、日本や海外向けへの理詰めです。90%の韓国人には理詰めは通用しませんからね。一方、韓国人の10%の方たちは本当に頼もしい味方になります。崔さんやパク・ユハ教授は日本留学組ですから、韓国からの留学生の受け入れは一概に無駄とは言えません。効率としてあまりよくないですがww


 50's U.S.Army Side Cargo Pants   

......韓国では 「日本が10億円支出」を「補償金が10億円」と勘違いした「新規の慰安婦婆」が次々湧いてきています。しかし、今回、安倍総理によって「日本と韓国の問題」から「韓国の国内問題」に変えられた以上、私たちは「対岸の花火」を見る気持ちでよいわけです。ですから私は崔さんの指摘を笑いながら楽しむことができます。



......ちなみに 「ジッパー(ファスナー)」ですが、日本軍のズボンはみなボタンでの開閉だったそうです。それは、「ジッパー式だと匍匐前進時に壊れやすい。ジッパーだと修理ができない。金属製ジッパーの場合熱がこもる」等の理由からであり、現在の陸上自衛隊の官品迷彩服のズボンも同じ理由でジッパーではなくボタンを採用しているそうです。
 
......一方、アメリカ軍に関しては、1950年代の軍服のズボンを見る限り、ジッパーとボタンが混在しています。旧日本軍兵士がジッパー付きズボンをはいていない以上、韓国人売春婦の前に立っていたのはアメリカ軍の兵士以外ありえません。「ハンギョレ」は左翼紙の代表格であり、本来は反米なんですが、よくもまあこんな「ガセネタ」を載せたもんです。恥も外聞もないのでしょうか?


韓国軍による共産主義者の処刑。日本に逃げたのが在日韓国人

......韓国 の左翼メディアは基本「反韓国軍」なんです。韓国人の多くが朝鮮戦争前後の混乱期に韓国軍に親族を殺されていますからね。そんな反韓国軍メディアがこんな情報を以前流していました。

......国連軍と韓国軍は 1950年 10月~12月北朝鮮地域を占領した後、多数の民間女性たちを誘拐したと思われる。これに対してキム・グィオック博士は、 「特に左翼の協力者の疑いがある若い女性に対する強姦は、実際及び仮想敵に対する統制及び作戦の一つだった.。 非公式的に 1950年にも軍隊慰安婦や慰安台は存在したことと見えて、むしろ軍医は風紀紊乱を憂慮して、1951年以追加の慰安所を公式創設したし、前線軍部隊でも非定期的に軍隊慰安婦を徴発したと思われる」

......そしてこのように民間人強姦と拉致によって一度、慰安婦生活を経験した女性たちのかなりの多くが、自暴自棄の心情で私娼に流れて行ってから再び 「軍隊慰安婦」という公娼に編入される悪循環を繰り返えしたように思われる。(オーマイニュース、原文は韓国語)

1947年 10月20日 公娼の規模は 2124人
1948年 10月末    私娼は 5万名
1953年 7月27日    朝鮮戦争が終わった後、売春に従事する韓国人女性は 30万人

/ http://www.ohmynews.com/NWS_Web/view/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0000067635&PAGE_CD   



キル・ウォンオクがアフロの女性に似ている。気のせい?

......韓国人 は「朝鮮戦争」以後、日本の景気がよくなったことを恨みがましく言いますが、実はこの時、韓国では過去最大の「売春婦景気」が到来していました。なんと「30万人売春婦時代」が韓国にやってきたんです。崔さんの資料を見れば分かるように、「韓国の慰安婦問題」の実態は「米軍・国連軍慰安婦問題」でしかありません。韓国政府やアメリカ政府が慰安婦問題を日本に押し付けるのは、実は「彼ら自身が主犯」であるという自覚を持っているからでしょう。


  「日本軍のジープに乗せられたニダ」ww

......「韓国 の慰安婦問題」はもう日本とは関係ありません。パク・クネ政権が2017年に終わり、左翼が政権を握ったら、「日韓合意」はまたもや破棄されるとは思いますが、日本政府は相手にしないことです。そうすれば、韓国の左翼は韓国軍とアメリカ軍にその矛先を向けます。それはそれで「事実の解明」につながるわけですから、私たち日本国民はその茶番劇を見て楽しめばよいのです。日本は見るだけ十分です。キチガイ韓国人とは一切かかわってはいけません。 By なでしこりん ......

「約束を守らない韓国人」。 日本人は何度だまされたら韓国人の悪質さに気づくのだろうか?

「韓国との約束」なんてまったくの無意味!韓国人は全員詐欺師だよ!
 .売国奴・河野洋平や村山富市がのうのうと暮らせる日本は甘ちゃん国家

.....なでしこりんです。いやはや韓国土人の壊れっぷりにはあきれを通して苦笑せざるを得ませんね。韓国・釜山の日本領事館前に「インチキ慰安婦像」を建てることを釜山市が許可したんだとか。「在外公館の安寧を保障」しているのは韓国も加盟している「ウィーン条約」。韓国人の知性では、国際的な条約ですら、いち市町村長の判断で覆せるんだ。ならば日本国内にある韓国の在外公館の前に「韓国寄生虫像」を建ててもいいんじゃないの? 「韓国人売春婦と韓国人女衒像」でもいいけど。



.....今日は 「韓国土人は約束を守らない」という話題で、日本と韓国との間の「約束」を復習してみましょう。少なくとも愛国保守の皆さんは「韓国などと約束事をしても無駄」という認識だったと思います。私もそう思っています。 韓国人などには絶対に関わってはいけないのだと。



.....1965年、日本と韓国が結んだ条約は「日韓基本条約」。この条約の骨子は、日本が韓国に当時のお金で経済協力金8億ドルを援助する代わりに、「両国の請求権が最終的に解決されたことを確認」したもの。8億ドルは現在のお金に換算すると2兆円を超える額。韓国がこのお金と日本からの技術援助で経済国家を歩み始めたのは当時の韓国人ならみな知っていることです。ところが・・・・



.....韓国人 には「約束を守る」という倫理観がないことに気づいていない日本側の人物がふたたび「韓国の餌食」になります。それが河野洋平。河野洋平は自民党総裁で唯一総理大臣になれなかった人物。それでも「名誉欲」だけは人一倍あったので、「河野談話」という「慰安婦問題は日本の責任」という談話を発表して、「両国の請求権が最終的に解決されたことを確認」したはずの日本側から韓国に付け入る隙をを与えてしまいます。 「河野談話」以後、「両国の請求権が最終的に解決されたことを確認」は反故にされインチキ慰安婦がねつ造されて行きます。



.....意外 かも知れませんが、河野洋平が官房長官をやっていた時の内閣の総理大臣は社会党の村山富市。こいつが中国や朝鮮べったりの人物は当時から知られていたはずですが、この時の内閣は「自民、社会、さきがけ」の連立政権。村山が「たなぼた総理」を最大限悪用したのが「村山談話」と「アジア女性基金」。「アジア女性基金」では16億7020万円が自称、慰安婦に支払われました。ご存知でしたか?

韓国 61名×500万円=3億500万円
フィリピン 211名×320万円=6億7520万円
台湾 13名×500万円=6500万円
オランダ 79名 2億4500万円インドネシア高齢者社会福祉推進事業     3億8000万円
合計 16億7020万円
http://www.awf.or.jp/3/index.html  

.....現実問題 として、1980~1990年代の韓国で問題になっていたのは「アメリカ軍のための韓国人売春婦問題」。韓国政府がアメリカ軍向けの韓国人売春婦を「斡旋&管理」していたことは証拠もあります。最高管理者はパククネの父親のパクチョンヒですからね。韓国ではこと「国防」に関することを問題視することは完全なタブー。そこで韓国人が目を付けたのが「日本軍慰安婦」への「乗り換え」だったわけです。



.....日本共産党 の千田夏光や吉田清治がせっせと「欺瞞のタネ」を蒔き、村山富市、福島瑞穂、植村隆などが「日本軍慰安婦という虚構の花」を咲かせます。その結果、韓国人の自称・日本軍慰安婦61名に一人当たり500万円ずつ計3億500万円がすでに支払われているのです。ちなみに「アジア女性基金は民間基金」というウソを流す連中がいますが、この辺の事情については以下のページをお読みにあると、「村山富市一派の偽装工作」が理解できる思います。→ 消えた48億円?! 外務省文書に見る自称慰安婦に支払われた日本の税金(前編・後編)  



.....そして 今回の「日韓慰安婦合意」での10億円拠出。このお金はすでに自称・日本軍慰安婦という詐欺師集団にすでに分配されているそうですね。韓国での一人1000万円がどれほどの価値を生むのか? 日本国民は日本が経済超大国ということに気づいていませんが、日本の1000万円は韓国では3億ウォン。もちろん、大変な高額であり、今後も自称日本軍慰安婦という詐欺師が名乗り上げる可能性が高いです。なんせウソをつくだけでお金がもらえるのですからね。それもこれも河野洋平や村山富市という売国奴が蒔いたタネ。こいつらがのうのうと暮らせる日本はほんと「あまちゃん国家」だと思います。



.....「韓国人 なんて人間と思うのが間違え」と言ったら言葉が過ぎるでしょうか? でもご覧になったように「韓国人は約束を守らない民族」なんです。これって人間として最も恥ずべき習性だと思いませんか? 日本国民にとってもっとも大切な行動規範は「韓国人には一切かかわらない」ことであり、日本国内から一匹残さず韓国人を駆除することです。それなくして「日本の名誉」を守ることは不可能です。あなたはこんな寄生虫民族が日本の子供たちに将来にわたって寄生することに我慢できますか? 私は絶対にいやです。  By なでしこりん



Thursday, December 29, 2016

靖国参拝は心の自由の問題。特アがごちゃごちゃ言ってきても無視すればよいこと!

放送法では外国資本は20%以下、ならば外国人社員も制限すべき!
 日本の終戦記念日に行なわれる在日の慶祝大会は止めさせるべきでは?

.....なでしこりんです。私は基本的にどなたが靖国神社に参拝しようが、それは個人の心の問題であり、それをわざわざニュースにする必要もないし、ましてや特アの連中がごちゃごちゃ言ってきても相手にする必要はないと思っています。 ですからこの手の記事は取り上げたくないのですが・・・・・。



.....日本 のマスゴミの中には「反日教育」を受けた朝鮮人が数多く潜入していることはもはや常識。ちなみに日本の放送法では「海外資本が日本の放送局の株式の20%を越えて持つことを禁止」しています。では、外国人社員も20%以下にすべきではありませんか? フジテレビやTBSなんかどうなっているのでしょうか?



.....そういう外国人 (おもに朝鮮人ですが)が、自分たちの民族基準で日本の報道に悪さをする例が増えてきています。ドラマにおける「朝鮮押し」にはうんざりしている日本人は多いはず。気色の悪い「朝鮮ステマ」が嫌でテレビ自体を見るのを止めた日本人も多いんじゃないかな?


 8月15日に在日韓国人たちがやっていることがこれ(写真右)

.....一方、靖国神社への個人参拝を大騒ぎするわりには、在日韓国人による8月15日の「日本侮辱大宴会」についてはこれまで一度も報道されていません。今年なんか、民団のホームページにすら大会要項さえ載せない姑息さ! コソコソやるならやらなきゃいいんです。



.....日本 のマスコミは今、死にかかっています。どうか悪質な朝鮮人を社員にしないでください。特定の政治思考を押し付けてくる連中から「報道の自由」を守ってください。もし報道人の中から「内部の敵」を駆除できないのなら、日本のマスコミはいずれ死ぬことになるでしょう。 そうなる前に、「日本人のマスコミ」に立ち返ってほしいです。 By なでしこりん

朝日新聞がありえない写真を配信!朝日の記者はどこまでバカなの!「赤報隊は正しかった」の声も!

朝日新聞の記者にもはや常識すら存在しないのならば・・・
.朝日を更生させることができるのは「赤報隊」しかいないかも?

.....なでしこりんです。「わが目を疑う」という慣用句がありますが、この朝日新聞が配信している写真はまさに「わが目を疑う写真」ではないでしょうか? これが報道機関のやることか?

.......朝日新聞が意図的に安倍総理の顔が隠れた写真を配信!


......朝日新聞 の元主筆の若宮啓文が「安倍叩きは朝日の社是」と公言している通り、朝日新聞の論調が「反安倍」であったとしても、安倍総理の顔が隠れた写真を公式に配信するなんて、これはジャーナーリスト云々の前に「人間としての常識に欠ける」としか言えません。朝日新聞よ、恥を知れ! 朝日新聞はこの地上から消えてなくなれ!



......1987年 5月3日、朝日新聞阪神支局が何者かによって襲撃され、1名が死亡、1名が負傷する事件がありましたが、朝日新聞のその後の行状を見る限る、朝日新聞への直接攻撃に正当性を感じる日本人は多いんじゃないしょうか? この事件は「赤報隊事件」と呼ばれていますが、今でも犯人は逮捕されていません。



......もちろん 私は言論を暴力で封じることには反対。では、「言論の暴力」に対して宣伝力を持たない一般国民はどうやって「言論の暴力」に抗えるというのでしょうか。それこそ朝日新聞が今まで犯してきた「反日犯罪」に関して、朝日新聞は何の罰も受けていません。挙句の果てにやっているのがトップの写真です。これが報道機関のやることですか?



......朝日新聞 にはもはや常識も自浄能力もないのでしょう。朝日新聞の非常識な記者たちを更生させることはもう無理なんじゃないかな? できるのは「赤報隊」だけかも? すべての朝日新聞関係者を断罪しましょう。 朝日新聞記者にはマスコミの資格はなし。大掃除の季節ですから、この際一挙に大掃除しましょう! By なでしこりん

#ハッシュタグ  #なでしこりん  #朝日新聞  #赤報隊  

Wednesday, December 28, 2016

ドイツで難民申請者がホームレスに放火! 難民を助ける前に自国民を助けるべきの声多数!

女性蔑視のイスラム的価値観がヨーロッパの自由さを破壊する!
 多文化共生社会は他文化強制社会!自国民の価値観は後回し?

.....なでしこりんです。もうすぐ「大晦日」ですね。日本では女子同士で夜中に初詣をしても、それほどリスクはないと思います。でもドイツはどうなんでしょうね。去年の大晦日にはドイツのあちこちの都市でドイツ人女性がイスラム移民に襲われる事件が多発しました。メルケルさん、今年の大晦日は「女子外出禁止令」を出し「戒厳令」でも敷くのかな?

............    .  ..強姦魔大歓迎!

...............もちろんコラージュ

....ベルリンの警察当局は27日までに、地下鉄のベンチで寝ていたホームレスの男性に火をつけた疑いで、15歳から21歳までの男7人を逮捕した。容疑者らは、いずれもシリアとリビアから難民申請者として入国した若者。難民申請者らによる相次ぐ事件は、ドイツ社会に衝撃を広げている。 ....事件は25日にベルリン市内の地下鉄の駅で起きた。容疑者らは寝ていたホームレスの男性の衣服などに火をつけた。通行人らが消火にあたり、無事だった。容疑者らは2014年から今年にかけて入国したという。駅の監視カメラの映像が逮捕の手がかりとなった。 (朝日) http://www.asahi.com/articles/ASJDX5VM1JDXUHBI02M.html?iref=comtop_8_06



.....記事 が「朝日新聞」なのはご愛敬。在日犯罪を完全隠蔽している朝日新聞にとっては「ドイツは関係ない」のかもしれませんね。それにしても珍しいことです。でも、イスラム移民による犯罪はネット上では数多くあります。ドイツのマスゴミも朝日と同じように移民犯罪は隠蔽組。でも今の時代、情報隠しは信用失墜の最短コースなのにね。」

.....この写真には「演出説」があります。

.....ネット上 では「難民よりもホームレスを助けてやれよ」の声も。東京にもホームレスの人はいますが、数年前に比べるとかなり減ったような印象。新宿なら都庁の付近で見かけますが、「寝るところと食べるもの」はあるようですね。でも今の時期は寒いでしょうに。外国人に違法な生活保護を与えるならば、ああいう人にこそ「生活保護」をあげればよいのにと思います。

これが多文化共生社会の現実(フランス)

.....結局、ドイツという国はリベラル派が主張する「かわいそうな難民を助けましょう」というプロパガンダに乗せられて「国家の進む進路」を間違えてしまったようです。国家が一番に大切にすべきはその国家を構成する国民のはず。国家への愛を持たない連中を国の中に入れることの「危うさ」に後から気づいても、その時はもう手遅れなのかもしれません。



.....日本 とドイツの違いは、日本軍は一般市民を殺なかったけれど、ナチスドイツはそれこそ至る所で一般市民を殺しまくっており、その残骸と記憶はヨーロッパ中にあるわけです。フランスのオラドゥール村などは667人いた村民のうち642名がナチス武装親衛隊に殺されています。そういう場所が無数にあるため、ドイツ人は「あれはナチスの責任」と逃げてきたわけ。



.....ですから、ドイツで「移民には反対」と言えば、左翼リベラルはすぐに「あいつらはナチスだ」というレッテルを貼ります。日本では「お前は右翼か」と言われても「はい、右翼ですが、それがどうかしましたか」と言い返せても、ドイツで「あいつらはナチスだ」というレッテルにはもっと厳しいものがあるのでしょう。そうでなきゃ、ドイツ人が移民を叩き出さない方がおかしい。ドイツ人女性が被害に遭っているわけですから。



.....私は 基本的に「他者への敬意」を持たない人は国家に迎え入れるべきではない」と思っています。勉強のためや生活のために日本に来る人はいるでしょう。日本にいる間に「日本への愛」を持てばさらに日本にいてもらってもよいのですが、「日本は嫌い」と考えている連中には、わざわざ日本にいてもらいたいとは思いません。客としての扱いを望むのなら客としての礼儀を守ること。それができない人にはお帰り願うのが普通ですよね。 By なでしこりん