Wednesday, February 1, 2017

フランス大統領選挙・投票動向調査でルペン国民戦線(FN)の1位来た~!

仏大統領選投票動向、フランス国民戦線が首位!
.実際の大統領選では2位と3位の野合がおこなわれる!

.....なでしこりんです。私はフランスの愛国保守政党・フランス国民戦線をかねてから応援してますが、今年はフランスの大統領選挙の年。これからもフランス情報は全力でお伝えしていきますね! さて、毎日新聞が「フィガロ」の世論調査を紹介しています。

 

仏大統領選第1回投票の投票先

(1)ルペン氏フランス国民戦線(FN) 25%

(2)フィヨン氏(国民運動連合→共和党) 22%

(3)マクロン氏(政治グループ・進行) 21%

(4)アモン氏(社会党・左翼連合) 15%

(仏紙フィガロの世論調査による)
仏大統領選:世論調査でルペン氏首位 (毎日新聞)http://mainichi.jp/articles/20170131/k00/00m/030/085000c

    
マリオン・マレシャル=ルペン議員(ルペン党首の姪)

.....この結果、もちろん喜ぶべきことですが、実際の大統領選挙は「2回投票制」でして、フランスでは1位が国民戦線だと、3位が2位を応援するという形が多く見られます。フランスの政党は、愛国保守のフランス国民戦線(FN)、現在、大統領を出しているフランス社会党(左翼連合)、前の大統領を出していた中道右派の国民運動連合が3大政党。



.....本来ならば フランス社会党と国民運動連合は思想的には全く相反する政党ですが、あら不思議! 反フランス国民戦線ではフランス社会党と国民運動連合は平気で野合します。ですから、ルペン女史がフランス大統領になるのはそう簡単なことではなく、ルペン女史が勝つためには「決選投票で単独で51%以上」の獲得が必要になります。まあ、民意というものは一瞬で変わりえるものですからあきらめてはいけません。私は今後も日本からルペン女史を応援していきます。By なでしこりん




No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.