Saturday, February 4, 2017

アメリカのイスラム教徒が抗議のための礼拝を行なう!宗教パフォーマンスは誤解と恐怖をあおるだけ

偏向報道はマスゴミの信頼性をなくすだけ!
.....「郷に入れば郷に従え」は社会の共通マナー

.....なでしこりんです。ネット上にはさまざまな「加工写真」が出回ってますので、利用する場合には「コラありコラなし」に十分注意しなければなりません。さてこの写真は「コラージあり」の写真なのでしょうか? 記事はAFPから。

 

.....米ニューヨークのブルックリン地区庁舎前で2日、イエメン系を中心とするイスラム教徒の米国人たち数百人が聖地メッカの方角を向いて礼拝を行い、イスラム圏7か国からの入国を制限するドナルド・トランプ大統領の大統領令に抗議した。

.....庁舎前の広場に設置された拡声器から祈りの声が流れる中、集まったイスラム教徒たちは肩と肩が触れ合うほどぎっしりと身を寄せ合って立つと、一斉に拝礼し、地面に頭をつけて祈りをささげた。普段はにぎやか広場では、非イスラム教徒の人々が敬意のこもった静寂の中で礼拝を見守った。(AFP)


...............コラージュかと思ったら全部真正の画像だった!

.....それにしても、AFPの記者もどうかしてますね。「非イスラム教徒の人々が敬意のこもった静寂の中で礼拝を見守った」・・・・・私にはここに写っている人たちは「奇異な集団」にしか見えません。そもそもこの場所は集団で占拠してもよい場所なのでしょうか? これを見たアメリカ人が彼らに「敬意」を感じるとは到底思えないのですが・・・。だってアメリカはキリスト教が憲法に生きている国家なんですよ。大統領の宣誓式では聖書に誓いますでしょ。



.....トランプ大統領 が出した「7ヵ国限定入国制限令」に関してのアンケート調査では賛成が49%、反対が41%でした。マスゴミ報道だけを見ていると、大多数の人々がトランプ大統領令に反対のような印象を受けますが、実際にはトランプ大統領令を支持する人がいるのが現実。マスゴミが「事実に基づかない報道」をおこなうことこそが「傲慢」であり、特定思想の押し付けだと私は思っています。ここで「南ドイツ新聞」の記事のご紹介。



.....近年ドイツで増加するイスラム教徒の移民に配慮して、学校や保育園の食堂メニューから豚肉を外すケースが増えている。豚はイスラム教徒にとって不浄のシンボル。しかし豚肉料理はドイツの食文化に欠かせない代表的なメニューだ

.....シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州議会では保守政党キリスト教民主同盟が、「学校や保育園の食堂に、今後も豚肉メニューを積極的に採用すべき」とし、「イスラム教徒に限らず、ベジタリアン、ヴィーガンなどの少数派が、多数派の食習慣を妨げるべきではない」と主張しているhttp://www.newsalt.jp/international/%E3%89%E3%A4%E3%84%E3%AE%E9%A3%9F%E5%A0%E3%8B%E3%89%E8%B1%9A%E8%89%E3%A1%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%8C%E6%B6%E3%88%E3%8B%EF%BC%9F%E3%A4%E3%B9<br>

.....「郷に入れば 郷に従え」とよく言いますよね。私はこれはマナーだと思うんです。そしてこのマナーを守るべきなのは「後から来た人」の方です。ドイツではすでに、イスラム教徒が多数集住している場所では、「イスラム教徒は豚肉を食べられないので学校や保育園の給食では豚肉を使うな!」という注文が出ているそう。こういう注文は「許される注文」なんでしょうか?


..............外国人が増えると外国人犯罪も増えます!

.....多文化共生 とは他文化強制以外のなにものでもありません。結局は「移民側による権力獲得運動」なのでしょう。後から来た人々は前からいる人たちの文化を尊重するのがマナー。もしそれすらできないのなら、「お断りします」と言われても仕方がないんじゃないかな。配慮は進んで行うべきものですが、強制されるべきものではありません。自分のやりたいようにやりたければ「自分の国」でやればよいのです。私たちは「移民=異民のわがまま」にまで付き合う必要はないんじゃないかな? By なでしこりん

No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.