Wednesday, February 1, 2017

こんな歴史捏造を絶対に許しちゃダメ!韓国が新国定教科書に「日本は慰安婦を集団虐殺した」と記述!

韓国政府が今度は「慰安婦の集団虐殺」を捏造!
 日本の子供たちのためにも「韓国の捏造」を許すな!

.....なでしこりんです。韓国人がキチガイなのは知っていましたが、ここまでひどいことをされると「国家間の交流」さえ止めるべきですね。韓国では「日本人は虐殺者」という洗脳教育を始めるようです。これに怒らない日本人っているのかな? 記事は産経新聞からです。

 

.....韓国教育省は31日、2018年度から中学や高校で導入予定の国定歴史教科書の最終版内容を発表した。在ソウル日本大使館前に慰安婦像が設置された経緯や、慰安婦が「集団虐殺」されたとする記述を盛り込むなど、見本版より反日傾向が強まったhttp://www.sankei.com/world/news/170131/wor1701310052-n1.html



.....今回 の教科書再国定化の理由は「パククネ大統領による父親のパクチョンヒ元大統領の名誉か回復」が主眼であって、「反日色の是正」ではありません。いや、パクチョンヒ元大統領の功績を残すために「より反日色が強まった」というのが現実のようですね。


.........「ウソも百回言えば事実になる」のが韓国

.....それにしても、「慰安婦の集団虐殺」って!(絶句)。在日韓国人のバカが主演した映画「鬼郷」というフィクションで描かれたシーンが教科書に「事実」として載るなんて、韓国はマジキチの集まった国家ですね。映画「鬼郷」は創作映画。チフスで亡くなった人を防疫上の理由で焼くのは当時で常識的な行為。それを勝手に拡大解釈したのが映画「鬼郷」というフィクション作品。もはや「反日のためならなんでもあり」ですね。


...    ..反日映画に嬉々として参加する在日韓国人

......韓国映画『鬼郷』 ジョンミン役を演じるカン・ハ ナ(15)は、大阪の在日韓国人劇団「タルオルム」金民樹 (キム・ミンス)団長(40)の娘だ。キム団長は慰安所を管理する日本人女性「ノリコ」を演じ るため、母娘共演となる。

.....日本人兵士役の在日韓国人俳優ユ・シン(45)=横浜在住=この日、表情の演技だけの撮影だったが、「殺したいと思った」と言われるほど絶賛された。 将校役の在日韓国人俳優チョン・ムンソン(46)=横浜在住 =は「私たちは韓国では『半チョッ・パリ』(チョッ・パリ=日本人の蔑称〈べっしょう〉)で、日本では『戦争孤児』だ。 (朝鮮日報日本語版)http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/25/2014102500897.


....韓国軍による韓国人の大虐殺「保導連盟事件」(1950年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%B0%8E%E9%80%A3%E7%9B%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6

.....韓国政府「慰安婦の集団虐殺は歴史的事実」と主張するのなら、時、場所、実行者、犠牲者を明確に提示すべきことですが、韓国では「個人の証言」がすべてに優先する情緒国家。彼らにとっては事実などはどうでもよいのでしょうね。私たち日本国民はキチガイ韓国人に関わるべきではありません。



.....韓国 の大統領選挙からパン君が撤退するそう。パン君はもともとは左翼のノムヒョンの外交部長官。最有力候補のムンジェインもノムヒョンの秘書室長。実は2人も根は左翼。どちらが韓国の大統領になっても大した差はなかったのですが、これでムンジェインの当確が出ました。ムンジェインはもちろん病的な反日韓国人。私は日本にとっては「よかった」と思います。どんなお花畑でも目が覚めるはずですからね。



.....日本国内 には韓国に媚(こび)を売る「親韓派の政党や議員」がいますが、反日・ムンジェインが韓国の大統領になっても親韓する連中は、まさに道化師ですよね。彼らはもう親韓行動はできないでしょう。日本国民から相手にされなくなりますから。



.....現実問題 として、韓国の反日はますます強化されることになりました。「ネズミの一種であるレミングは飽和数を超えると崖から飛び降りて集団自殺する」という俗説があります。(実際は自殺行為ではなく集団移動時の事故死)。韓国人はまさにレミングですね。「反日」という熱病に取りつかれた韓国人たちを待つ断崖はどこなのか? いずれにせよ、こんなふざけた歴史ねつ造を許してはダメです。日本の子供たちの未来のためにもね! By なでしこりん

No comments:

Post a Comment

Note: Only a member of this blog may post a comment.